FC2ブログ

日原永美子先生ワークショップ

はい。

体中痛くしながら頑張ってまいりましたです。

子供たちにとっては、素晴らしい経験となったはず。
新しい世界を垣間見れて、貴重な時間だったと思います


日原先生セミナー (2)


どんなことされるのか、まったく前情報を仕入れていなかったので
恰好も良くわからず。子供たちにも何も言ってあげられなかったのだけど。。

バーはしっかりクラシックの基礎も入れつつ
コントラクションもりもり。
センターは完全コンテでした。

初日。
最近、キッズクラスではモダンを少し入れてるので
蘭、さや、たゆみ
は免疫あり。
少しは出来てましたが、コントラクションや転がり技など
生まれて初めて見たであろう六花・・・

完全目がテン。
ボーゼンちゃんとなっておりました・・・(゚∀゚)

なので、翌日の土曜クラスで
ロールアップから始めて
バーでコントラクション入れた動きをみんなにやってもらいました。

当たり前だけど、初めてやるプレ一同はそろって目がテン。
しまいにゃ、あまりの出来なさに泣き始める人も・・・
まぁ、まだまっすぐ立つというバレエの基礎がしっかりしてないとちと難しいところではありますね~。

だけど、コントラクションまではいかなくても
コアを使いながら、上半身を柔らかく呼吸と一緒に動かす。
これは、バレエでも絶対いる。
これなくして、踊りではないんぜよ。
と力説。


この成果が少しあってか
2日目のワークは見れなかったけどかなりできた模様。
よかったよかった。

3日目日曜。

少し慣れてきて動けるようになってきたけど、なかなか動ききってないからサマにならないウチの子たち・・
クラシックでは、注意されたら即反応できるようになってきたけど
コンテはまだまだ慣れてないせいか、反応したくても無理状態ですな。

それでも、先生からの最後の総評では
「1日目より2日目さらに3日目と、どんどん上達してくれて、すぐに反応して吸収して表現してくれる。将来性のあるいい生徒さんばかりで、楽しかった」
と言っていただきました。

「みなさんは、無限に伸びる可能性がある。自分はここまでだ、とか限界を絶対に決めないで。」

ほんと、その通りですよね。

まだ小学生なのに、すでにだれかと比べたりなんだで
「自分はあの子より下手だし、こんなもんでいーわ」
的な限界作ってしまってる子、結構いるような気がします。


木キッズにいる子の何人かは、次回の発表会でもコンテを少し入れようと思っているので
12月のプロデュース公演で、さらにコンテ力磨いて、バレエの成長にも生かしてほしいと願っています。

プレの子たちやその下は、まずは
まっすぐ

ひっぱり感

これ鍛えないとだね。


がんばろう。


私と奈緒子先生と、ともか先生。

ひーひーでした。

若者たちの間で、脳の老化と身体老化にさいなまれながら
必死にがんばった3日間。

でも、楽しかったです。

特にともか先生と一緒にレッスンなんて、スイスの時以来
15年ぶりくらいだから、なんか懐かしくてうれしかったです~。

ラモンテでのモダンクラスのネタも仕入れられたし、私にとっても大変貴重な日々でした。

日原先生セミナー (1)


レッスンは写真撮れないので
昔、岡山でコンテ受けた時の写真載せときます。


IMG_9982_20160105142048_20160613075333e11.jpg


IMG_9820_20160105142056_20160613075337527.jpg


このときに比べたら筋肉痛、今回は筋肉痛少なかったです。

このときは、ジャンプから転がってたって腕立てとか
とにかく激しかったからね・・・・

松岡梨絵先生ワークショップ

今、おさらい会を通り越して
次の発表会の演目を練ってまして。

でも、まだおさらい会の細かい当日段取りもしてないし
プログラムも原案さえないし、いろいろやること山積み・・・

なので、この記事書こうか仕事しようか迷って
ママたちに写真だけ送って終わろうおかなーとか、はしょりを考えつつ。

でも、やっぱし書くことにしました。
ラモンテの子供たちの成長の軌跡。
書いとかないとね。


言わずと知れた、松岡梨絵さん。
Kバレエの元プリンシパル。
チャコットさん主催のワークショップがあると聞き
担当のエトーさんにも、「先生、いっぱい生徒さん連れてきてくださいね~」
と言われたので、お言葉に甘えて


松岡りえセミナー
この8名と、中学生は蘭とゆいは。
計10名!!!

ありがたいです。

この前列4人と、うしろのみずのちゃんは
こういう外部セミナー初めてじゃないかな?

みずのーー
バーはしっこだけど大丈夫かなーー?

アワアワしながら、必死に覚えるも間違え・・・
それをうちの子たちみんなアヒルの行列のように間違えていく・・・

でも、梨絵先生。
優しいです。
「間違えてもいいのよー」と・・・

いつもなら、確実にどやされてますからね。
ま、初めての生徒にいきなりどやす人もいないでしょうが・・・

でも、とくにお初の4名には難しすぎたね・・・。
特に今ものすごいシンプルな動きに戻してる最中だしね。

センターも2回転はまずやらせてないし、
だけど普通に「はい、でこのあとダブル」って。
とか高速ジュテのあとのクペアサンブレ・・・
なんかもーとにかく唖然。を通り越して
ひのはほとんど泣いていたような 笑

ま、しっかりあたふたして
外部での自分のレベルが分かっただけでも、すごい収穫ですよ。

でも、おっしゃる注意は本当に大事。
特にアームス。
好きな通り道、好きな高さ、好きな形・・・

どれもだめ~~


最近、特にVの直しに私もこのアームス直しに苦労します。

踊り心があるのはいーんだけど、好き勝手に手を動かす。
なんかプロのマネしてるのかなー。
きみらに、それはまだいらん!
まっすぐ使え!

と手もだけど、頭つける位置とか角度とか・・・・

今日も梨絵先生が、(優しく)死ぬほど何度も言ってくれてよかった。

て、順番に追われて聞いてなかったりしたらやだな・・・笑

バレエノートにどんなこと書いてくるか。
楽しみにしてますよ。

でも、ここ最近で特に成長してきたみんな。

少しくらい厳しく言われても、涙をこぼさなくなったひな。
今日も、いつになくピシっとしてた。
いつもクラゲみたいだったひな・・・
これから、もっと変化してくれる気がします。


これまた、私のクラスに上がってきてから
毎度泣いていたひの。
少し前からだけど、クラス前にもクラス中も、一番よく考えてレッスンしてます。
身体もどんどん変わってます。
これから受験体制にはいるので、レッスンは減っていくけどさらに1回1回のレッスンを集中してがんばる、と誓ったそうです。
頼もしい。

るな
すみません、4年生以上だけどこっそり入れてもらいました・・・フフフ
今回のNBA候補生になってから、目の色変えて頑張ってます。
だけど、まだまだ幼いので
どうしても集中力とか、取り組み方・・・まだまだ甘くて
このセミナーの前日も、六花といっしょにとんでもなく(私に)怒られました・・・
3年生に言うのはちとかわいそうかなと思いつつも
特練でのふざけた様子を奈緒子先生が報告してくれた苦言を聞いて・・・

「それだよそれ!そんな集中力でコンクール?でたいだぁぁ??ならなんで、奈緒子せんせにそんなこと言わすのよ?ほんっと!情けないなーーーー!!!もおおぉぉぉ!!!!」と、レベル6くらいのカミナリおばさん登場。

レベル6までカミナリ作ろうとおもったらねー、相当なパワーいるんだからねー。
おばさん、けっこう疲れるのよ。
これでしぼむ子じゃないと信じているから。
ここで向かってきてくれるはず。(よね?ま、二人とも今日の様子見てたら全然大丈夫ですな)

六花も
初めてVやるのだから、ほんと大変ね。
プライマリークラスとは大違いだもんね。
バレエって大変だよね。
最初の走って出てくるところだけ、も出来ないもんね。
何度怒られて、何度走って出てくるかわからんね。
しまいにゃ、「もー、えーわ。変えてこれないなら見ないから」と切られ。
でも泣かずになんとかやって来るからエライよ。
強くなれ~~

うん。
でも、きみたちのバレエ大好きな気持ち知ってるからね。
転勤族なので、いつか急にいなくなってしまうのかもしれないけれど
その日が来るまでは、
私の持てる限りの力を尽くして、伸ばせる限りは伸ばしてあげたいと思う。
それは、ラモンテに属してくれているすべての子供たちへの情熱。


それが、バレエが好きで
よっぽどのことがないと、全然おやすみなんてしない
本当に一生懸命ついてきてくれる、かわいい子供たちへの私の責任。

それが、ラモンテや私を信じて大事なお子さんを預けてくださっている保護者のかたたちへの責任。

そのためには、カミナリおばさんにでもなんでもなってがんばります。

そして、こどもたちが手に取るように成長していくのが
一番のご褒美ですね。


たまに、すごい傷ついたり悲しくて落ち込んで無気力状態になって
もーラモンテやめたい、とか言って、みんなを心配させたりもするけれど
(そんな時は、当然カミナリおばさんにもなれません。なので、子供たちにも、私が怖いときの方が上手になるチャンスだと思いんさいよ。と言ってます

やっぱり、この仕事は最高に楽しいです。


で、後列の人へのメッセージ書くには長くなりすぎたんで・・・
ブログにあまり登場しなかった人のみ書くね。すまん。

みずの
写真見てもわかるけど、立ち姿きれいになったなー!
いろいろ早く動くと、まだ保てないけど
成長してきたなー。
ほんとに不器用を絵に描いたような人だけど、カミナリおばさん化している私を一番まっすぐな目で見つめてくれます。
ココロで聞いてくれている顔です。
これからもっともっと純粋で優しくて素敵な女性に成長することと思います。
楽しみです。

ゆいこ
受験勉強大変そうです。
でもその中で、週3キープしてがんばってる。
もちろんコンクール出てたころみたいに、急激なスピードでは伸びれないけど
毎回のレッスンをすごく集中して取り組んでます。
このGWも何時間も自習すると言ってくれました。
思うようにできない苦しさ、その中で時間をやりくりして好きなことを続けていくこと。
大変だけど、人間的に大きく成長できるときだと思います。
がんばれ。

まゆとさや。
あと、蘭とゆいは。(ごめん、ゆーとのせいで中学生クラス見れなかった・・)
この人たちは、いろいろ変化中なので
次回の記事で書きたいと思いまーす。

ヴォルホフスキー優先生セミナー

ともか先生のところで、またセミナーやってくれるということで
またも便乗させていただきました。
ともか先生、うちのセミナーは呼んであげれなくてごめん・・・(いつも定員いっぱいなんすよ)

今回、週3以上レッスンに来てるキッズクラス以上の子に声かけました。

KIMG0318_20160411081328.jpg
その中でこの5名が参加。

もうね。
めちゃめちゃワガノワスタイル。
私たちももちろん、昔の日本はロシアスタイルの先生しかいなかったから
(昔の白黒時代のロシアの映像見たらわかるとおり・・・今とはかなり違います・・・)
ロシアの基礎しか知らなかったんだけど、優先生はつい最近現地で学ばれてこられて
それを完全ベースに教えられているので、新しい発見いろいろありました。

ロシア式=スタイルが抜群の選び抜かれてバレエを始めた人用のバレエ

という認識がありました。
もちろん今でもそういうところはあると思います。

その点、私たちがベースにしているロイヤル方式は
そんな抜群スタイルじゃなくても(いわゆる日本人体型のひとたちでも)
筋肉の使い方や動きのタイミング重視なので、日本人には合いやすいし
実際、見た目と形重視で、使い方わけがわからなくなっていた私のような者には
救世主のようなメソッドでした。

だけどねー!
子どもにはやっぱりいい。
強制的に上げてキープさせる。
むりくり5番に入れさせる。

筋肉回るまで、開かなくてもいいよー
などと言っていると一生開く気配のない子供たち。
一生足上げない気の子ども。
一生スピリッツさえつかない気配。

うん。ある程度無理やりも必要。
そのうえで、講師側がきちんと使い方まで把握していれば良い。選び抜かれたロシア人ではなく
普通の日本人にはどのように教えるべきか。
(↑これが分かってなくて、形だけになると怪我するね。ロシア式)

特にゆいはみたいに
ものすごいロシア人に近い、体型、柔軟性をもっているのに
スパルタにしないとやらないような子には、まさにもってこいだと思いました。
それでもまだ、ヌケヌケだけど。でも少しはいつもより力入れてレッスンしてました。

KIMG0316_20160411081337.jpg
たゆみは、強制5番に気を取られすぎて、尻出過ぎだ。
(この写真は違うけどね。これは軸足プリエを開けと言われている。上手にできてます)
普段から、尻出して引っ込める意識なくやってたら、どえらい形の上半身になるよ。5番もとりあえずぴったしでも
土踏まず落ちすぎだろう?

KIMG0313_20160411081349.jpg
あとは顔のつけ方!
全員鏡見すぎ!
たとえば、このポーズだと下の方の方に鼻が向かないといけないのに、
全員鏡でチェックしすぎて顔甘いでしょ?
そして、ゆいはもたゆみも、体幹ぐにゃぐにゃ過ぎーー!!
さやが直されてるみたいに、引き上がった状態で倒さないと、ただのつぶれた人形だよ!
ゆいはは足先まで押しつぶされてるなー

だけどねーー!
さらに重要だと思ったのが、おそらく本人たちもそうしたいのでしょうが
筋力がついていっていないということ。

KIMG0308_20160411081430.jpg
背筋
できてるのさやだけ。(でも腹筋ゼロ回ですよ)

KIMG0311_20160411081408.jpg
側筋
できてるの蘭だけ・・・・(でも、補助の仕方もへたすぎだわ。真横向かせないとーー!)

あと、腹筋。
脚もまっすぐに伸ばして、腰から90度の角度で起き上がる。
ほとんど誰もできてなかった・・・
こんだけ弱くてはバレエが踊れるわけはない・・・

KIMG0310_20160411081418.jpg
ゆいは、これ上手にできてるように見えますが、筋力ではなく柔軟性だろな。
腹筋は1回もできてなかったからな。

てことで、NBAコンクール出場権かけたテスト内容も決めました。

・これらの腹筋、背筋、側筋
・腰ずれてないスピリッツ
・180度の開脚
・かかとの浮かないプリエ(これについてはあとで書きます)
・授業、リハ態度

プレコン組はとりあえず柔軟性と取組態度のみ。

前回の福岡NAMUEで3位だったさやも同様にテストすることにしました。
さやの最大の課題は、プリエのできなさ。
自分でもよくわかってるよね?
これをこの最大の基礎を克服しないでまた賞に入ってほしくない。

ワガノワは特にこのかかとまできちんとついたプリエをうるさく言うみたいだけど
たしかにね。
ここできないと、将来はないと思うよ。

もちろん、筋力も柔軟性もないとバレエ的将来はないよ。

コンクールでたい!
その気持ち。出してくれただけでもうれしい。
でも、それをどのように努力して今テストで結果出せないで
コンクール出ても惨敗ですよ。


かかと浮かないプリエ素晴らしいお手本↓
ザハロワ様のフロリナ





それにしてもね。
子供らに、このザハロワの話したり、プロの有名人のテクニックの話しても
ぽっかーーん
「そんな人しりませーーん」
と口開けてる子がおおすぎ!

ちょっとは研究しようよ。
こんないっくらでも有名人の上手な人簡単に動画見れる時代なんだからさー!

おまけに、このブログに載せてこれを見ろと言ってもまだ見ない子も!
時間がない。
ブログどうやって見るかわからない。・・・・

はいはい。
言い訳してたらすぐにハタチになるよ?
へたくそなままを、またひとのせいにしながら生きていくのかい?

でもね。
見てくる子は、見てくるし
研究するこは、研究してくる。
1年経ったら、すごい違いなのはわかりますよね?

怒られて泣いて終わりじゃダメなんだよ!
とりあえず、言われたことくらいやろうよ!

KIMG0319_20160411081309.jpg
さや:ちょっと撮るタイミングずれたなー。でもどっちにしてもポワントラインまだまだじゃな。
それにさー、アチチュードの手もう何人の先生に言われ続けてるのよ?ラモンテの先生全員と陽平先生とコンクールの審査員、それにまた、優先生にも・・・・これで直らなかったらもうやばいよ?

KIMG0328_20160411081225.jpg
蘭:テクニックだいぶ良くなりました。上半身、アームス、顔!!!!まだまだです。
言われたこと素直にやるけど、フロリナの研究(どんな物語のどんな人なのか)してこいって言っても、まだ見てない!
言われたことだけやってる人も、それまでだよ。もう中学生でしょ?自分で考えて!


KIMG0323_20160411081248.jpg

KIMG0324_20160411081255.jpg
ぐいーん
たゆみ:ほんと背中固い・・・(てゆーか、股関節)
そして、注意に対する反応が遅すぎ!フェテの軸足前にすらすな!言われてるのに、何回も滑らせて、しまいには腹からドッターン・・・・ま、これも経験してくことですね。けっこう頑張り屋さんなので、期待度大ですよ。
あと、変なエポーレ変なアームス。やり過ぎは見てて怖いだけ。正確にしましょうーー

KIMG0332_20160411081134.jpg
ゆいは・・・・
自分でこの写真みたら、気づくかな?
気づかないとだめよ。
顔直されたら、保ってられない弱い体幹。こんなヌケヌケやばいやろ?
悔しいと思ったら、努力しなさいよ!
じーーーっと、教室の隅に立ってるままじゃ上手になれないよ。
怒られたらなんか仕方なしに、ちょこっと動いてるだけじゃ、なんの成果も出ないよ。
これを機会にどれだけ変われるか。
あなたが変われたら、一番上手になれる素材。
それを生かすも殺すも自分次第。
がんばれ。


そして、V練習には出れなかったまゆ。
6年生で受験生で、それでもバレエが好きで、コンクールへ志願してくれた。
それは素晴らしいこと。
ココロから応援してます。

でもね。
これはお母様も心配されてたことだけど。
甘い!
本当にコンクール出たいと思ってるなら、
リハ中にふらふら話してる暇はないだろう?
特に勉強もやらないといけないのに、この時間に集中できなくて
ほんまに勉強も集中できてるのか?聞きたいです。
ん?レッスンのこと話してました?
いらん。そんな言い訳は。
自分と向き合ってればいい。
目的が違う人と話してる暇もないはず。
ん?だって話しかけられる?
言い訳は い ら ん!
自分次第ですよ!

ごめんね。
あのとき、直接言えば良かったね。

でもさ、直接言われたときに
素直に受け入れた?
ふてくされた顔してない?

奈緒子先生もちゃんとそんなとこ見てます。

そんな顔してたら、先生はだんだん言わなくなるよ。

言われるうちが、花。


すべては、アナタが決めたこと。(これができるようになっただけでも、本来はすごい成長ですが)

どこまで、変わってくれるか。
これは、素晴らしいチャンスだと思います。
甘いままでは、何も成し遂げられない。


こういう甘さ、ここに出てこないほかの大勢の子も同じような生徒たくさんいます。


その子たち。それなりに怒りながら指導してますが
まだそのステージに来てない子。

今、変われる!

そういう子には、とことん厳しくいきます。

まずは、テストに合格する努力を見せること。

あなたたちの変化、楽しみに待ってます。


厳しいことばっかり書いてしまいましたが、本当にみんなが大好きで
心の底から上達してほしくて、人間的にも成長してほしくて
私も必死なんです。

わかってね。


そして、まったく一休みもすることなく見てくださった優先生。
セミナーに誘ってくださった、ともか先生。

感謝です。

私もまたたくさん勉強になりました。

ありがとうございます。

岡山:コンテセミナー

昨日、12/27(日)
いつもお世話になってる岡山のプティバレエさんに
コンテクラス受けさせてもらいにいきました。
(奈緒子先生と二人で)

KIMG0102_20151227195721.jpg

KIMG0093_20151227195715.jpg

KIMG0092_20151227195643.jpg
これは、子供のクラスを見学させてもらった時ので、自分のは撮る暇もちろんなかったんすが。



そろそろジュニアになりつつある子供たちにはコンテを取り入れていきたいと思っているので
何かの情報収集になればいいな~と思って参加させていただいたのですが・・・

まじで!!

めちゃめちゃ楽しかったんですけどーーーー


身体をスイングさせながら、その流れにのってブンブン踊れる気持ちよさ。
かっこいい振付!
先生のすごいパワー!!

何もかも素晴らしかったですよ~~


めちゃ疲れたけど・・・

でも、先生に言われました。
リリースは上手なんだけど、まとめる方を考えるともっと疲れなくて踊れると思いますよ~

そうなんです!
バレエの時もそうなんです!!
腹筋背筋弱いから、保ってられなくてすごい疲れる。

今日の筋肉痛が、ここの弱さを強化してくれるのがやはりコンテであることを身をもって感じる。
痛い・・・花ちゃん抱っこできませんが・・・・

奈緒子先生も、バレエのときの弱点がやっぱしコンテだとあらわに出て
そこをばっちり突っ込まれてました。フフフ

私も奈緒子先生も、そこを出来るようになれば
格段にバレエも良くなるのは確実なのです。

そうです。

前にも書いたと思いますが

コンテが上手になれば必ずバレエも上手になるんです。

子供たちに圧倒的に足りない(大人もだけど)
強さやしなやかさや、体全体を使う表現や
音を確実に拾って、爆発的に表現することや
たくさんのことが多分自然にできるようになる。
振付をさくっと踊れるようになるアタマの回転の良さも身に着く。


そして今の時代、完全コンテじゃなくても
こういうバレエを組み合わた作品が踊れなくてはどこにも通用しない。



今度の発表会ではこんな作品(ここまで高度なわけないけどね)を目指してます。


なので当たり前だけど、バレエの基礎ができてないと
当然コンテも全然動けない。

両方しっかりとやっていくのが、理想的だと思います。


てことで、みなさん朗報ですよ!!

この花岡麻里名先生

ラモンテにも来てくださることになりました!!


1月24日(日)夕方(詳細は後日お知らせします!)


子どもクラスと大人クラスの両方見てくださいます。

すっごく楽しめながら、必ずバレエに生かせる何かが見つけられるクラスです。
受けないと大きな人生の損失ですよ!!


今後も不定期ですが、来て下さるので必ず毎度受けて
すごい上昇につなげてほしいと思います。
(体中痛くなるのは必至ですが・・)

そして。
このまりな先生がまた、むちゃかっわいくて~(まともな写真なくてごめんね。実物みてくだされ)
スタイル抜群!死ぬほど足長くて柔軟性もすごくて
とっても明るいパワーをもったすごい素敵な先生ですよーー
劇団四季のアラジンにも出演されたり、新春のミュージカルにも出演されます。
毎回、オーディションで仕事を勝ち取る強さ。
そのために、こういう風に自分を出さないと!
と強くおっしゃってました。
そうやって仕事をされる明るくて強いパワー。
みなさん吸収できるといいね。


それでは、みなさんお楽しみにね。

夏山先生セミナー

チャコットさん主催で行われた夏山周久先生のセミナー。

キャンセル待ちから5名ほどの参加許可をいただき、
ラモンテからはこちらの5名が参加。

1448774102051_20151130230111.jpg

全体ではこんな感じ

1448790298733_20151130230050.jpg


いつも言われてるようなことでも、違うアプローチで言ってもらえたり
夏山先生がこれまでに培ってこられた、素晴らしい経験を伝えてくださるので
子供たちもいろんなことが勉強になったようです。

一応、子供たちに感想を聞いてみましたが
バレエノートに細かく書いてる子もいれば
イマイチ何を学んできたのか、把握できない人も・・・
きっと、頭の中はたくさんのことが渦巻いているのだろうけど
それを整理して言葉にできる方が、自分のために必ず次につながるので
そこらへんの訓練もしていければいいなーと思ったり。

このセミナーを受けて、どんな収穫があったのか
自分はそれに対してどこがどうできていないのか
逆にどこがどれくらいできているのか
そして、その助言を上達につなげるために
自分はどんなことを具体的にしていくべきなのか。
じゃあ、そのために今日から何をするべきなのか。



上手になりたい。
バレリーナになりたい。

それを思うことも大事だけど
(つか、まずその目標が見えていることが大前提ではあるが)

その目標を実現するために、どこまで具体的に自分自身を分析して
計画を練って、それを今日からの練習に生かすか。


そういう考え方ができる人がきっとプロになれるんだろう。
そういう人が夢をかなえて
そういう人が一流と呼ばれる人になるんだ。

ただバレリーナになりたい。
だけでは、絵に描いた餅でしかない。

だからどうするのか?
何をしていくべきなのか?

これを聞くとまた
「一生懸命練習します」とか答えが返ってきそう・・・
だから一生懸命どう練習するん???
なかなか小学生には難しいかもしれないけどね。

そんなこと言ってたら、すぐ大人になるからね。

大人になってもそれができない人なんて山ほどいるからね。


今回のセミナーをただの思い出づくりにはしてほしくないな。

でも、いずれにせよ
セミナーのその瞬間はみんなとても真剣に一生懸命先生の言うことを聞いて
必死でついていく姿が、かわいかった。
ほかの教室の生徒の中で客観的に子供たちを見れて、たくさん課題もみつかり良かった。

と艶子先生も言ってました。



1448790058669_20151130230104.jpg

そしてお待たせ。(待ってないね)

夏山先生とのスリーショット

私と奈緒子先生で中級クラス受けてきました。

まずね~

最近ウチでやってるチケッティのグレード3,4くらいみたく
4番、5番のプリエがなかったことにまず驚き
通常のロシアメソッドにありがちなバーの順番を無視して
身体を早く温めることを主眼においた
かつ、いつの間にかターンアウトもできてくる的な(とご本人が言ってらっしゃった)
すごいバーの組み合わせに、
すげーーー新しい・・・

と感激。

そして、ほんとにすごい汗だく。

センターはまず音取り。
音を体で表現する素晴らしさ。

あー、スイスでアメリカ人のローラ先生のクラス受けてる感覚がよみがえってきました。
音が聞こえる。体の中に入ってくる。
それと一緒に動けるこの喜びったらない。


あとで、夏山先生にどのメソッドを使っていらっしゃるのか聞いたら
やっぱりアメリカンだったー
ま、いろいろミックスして夏山スタイルにしているとは言われてましたが。

もちろん、いつもやってる
身体のプレイスメントももちろん大事で、それなくしては
ただの独りよがりな、自己満足踊りに他ならないのだけど。

そればっかりじゃぁ、踊りじゃない。
バレエじゃねーよな。

と改めて思い出させていただけました。

こないだ蘭ちゃんのコンクールレッスンでさんざん陽平先生にも言われたけど
やっぱり、基礎クラスからこの音取りと感性を磨いていかないと
Vやって突然出てくるものじゃーないんだよね。

なんだろう、体と音が一致して
すんごく気持ちよく動ける。
自分の体が楽器で、自分が音を出しているかと錯覚するような気がする瞬間。

この感覚がなくて踊りじゃないんだよね。

逆にいえば、これがあるから自然な表現ができる。
自然に笑顔になる。
悲しい踊りなら自然とそういう顔になる。

こないだの発表会の前にこのクラス受けたかったな~

私自身もなんか形を整えることだけに必死で、とても踊れていたとは言えないもんなー。

いずれにせよ、たくさんの素晴らしい発見をくださった夏山先生。

BRAVO~~
プロフィール

さっちん先生

Author:さっちん先生


ランキング参加してます。
読まれるたびにポチっていただけると喜びます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード