FC2ブログ

リハビリ

半月板損傷。

このケガを通して得たこと。
その他もろもろ、久々の酔いどれ日記を書きたいと思います。

ていうのも、普段は22時までになんとか子供を寝かせないと。
そのためには自分が一緒に早く寝かしつけないと。

でも自分帰るの21:30とかで、旦那君が風呂に入れてくれているけど
こどもと接する時間わずか20分(この時間も着替えさせたりと世話に追われすぎていく)
と朝の1時間のみ。(この時間もやれ早くしろと怒声を浴びせながらすぎてゆく・・・虚)

または、泣き叫ぶ幼子二人を置いて、さっさと夢の世界へ消える旦那君と寝かせるか。

そして、夜中のミルクタイム(2歳なんですが・・)
1:00、
王子のおねしょもれ着替え3:00・・・
4:00 ミルク


夜中に必ず3回は起きて世話します。

その他もろもろ、夜泣きで何度も起きます。
「ママとラブラブできなかったーー!もうママ嫌い!!」と泣いたり
ただただ
「ふええええん」と抱っこを求めて泣いたり。

いつになったら夜通し寝れるのかな。
もう何年もゆっくり寝たことがないな。


でも今日は明日が祝日なので
ママが一緒に寝るまで起きてると言い張る王子を背中にしょいながらこれを書いてます。

でも、ぐずぐず言い出したので寝かせよ。




はい。
23時だったので5分でねました。



1時の姫の授乳まで時間あります。眠いけど。
なので、ウィスキー追加で書き。


えっと。

話題は。


リハビリってすごい。
です。

この左ヒザをいためたのは
左の内側ハムストリングスと内転筋と
左の脇腹筋と、臀部も弱いから。

そしてその鍛え方を詳細に教えてくれる。

バレエの教え方だと、ふつう一般的なことしか教えてもらえない。
背中をひろく、おしりを閉じて、頭をひっぱって。
もちろんそれらは大事なことなんだけど、
あなたは左でん部と左内よりのハムが弱いからここを鍛えましょう。
などとは言われない。

解剖学的に個々に指摘してもらえるのはすごいことだな。
と痛感。

まさに
これこそが怪我の功名。かな。


長年、左足は前と横は上げにくいな。
後ろは上げやすいのにな。
なんでかな。
と思ってた。

その対策。
とにかく左ばっかし上げる練習。
とか言われる。

ほんとは、
左足のうちハム筋、臀部筋、ウエスト筋(正式名わからん)
が弱いから、左足軸がふらつくし左ひざも痛めやすい。
右軸のアラベスクは上記が強いからしっかりたてて
安定している。

てことは、アラベスクはあまりウチハム使ってないのかも・・・
でも今日のレッスンで、多少筋トレでできてきた内ハム筋で左上げアラベスクしたら
ラインがきれいにでた。

なぜ痛くなるのか、なぜ動かしにくいのか。
上げやすく動きやすく美しく見えるためにどうすれば良いのか。
そのためにまずはどこが具体的に弱いのか知り
重点的に筋トレで鍛え、レッスンで使えるまでにしていくこと。

すごい根本的に大事なのですね。

とりあえず一般論としても、内ハムに力を入れたままグランプリエができるか。
すべての動きができるのか。
キッズたちに試してみました。

そしたら。

素晴らしい成果!

今まで
なんちゅー内またかいなっと思っていたあの子もこの子も
筋肉アンデオール見えてきました。

あ、うちももっつうか、ウチハムか。

視点の転換。大事ですね。

バレエの知識+理学療法+解剖学

これぞ上達への秘訣かもしれません。


ヒザが痛いからここ数か月ほとんど動けなく、
また1からの積み重ね。
それも、グランマが動けなくなったり、子供が病気になったり
振付考えたり。みんなの悩みを聞いたり対策を練ったり。
なかなかレッスンも筋トレも思うようにはできないけれど、
でも、前回より今回。
少し出来てきた新しい筋肉を駆使して、新たに試みるレッスン。

楽しいです。

これが、これこそがバレエの醍醐味かなと思う。

舞台でキラキラを本番を体験するのもすごいことだけど
日々、地道に自分を組み立て、
またいろんなことで崩れ、そして見つめなおし再建していく。


なんだか人生に似ている。

生きている間、ずーーっとやっていかなければいけない大事な作業。


ここが一番子供たちにバレエを通して感じてほしいところなのかもしれない。



だけど、ここは突き詰めて考えて努力していないと見つけられないところでもある。


だからセレブリティ的にバレエをやるなんて(習わすなんて)やめてほしいです。

大変なことです。
お気楽なこととは程遠いのがバレエです。

やるなら、なんでも自分で組み立て出来るくらいに、突き詰めてやらないと
人生つぶしにしかならない。


しめの言葉が見つかりません。

なぜなら、消灯時間をとっくにすぎているから。


では

どろん。

スポンサーサイト
プロフィール

さっちん先生

Author:さっちん先生


ランキング参加してます。
読まれるたびにポチっていただけると喜びます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード